上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PENDULUM

PENDULUM
前作「WALPURGIS-ヴァルプルギス-」から数年後のお話。萌え×ハードな展開で魅せたあの続編です。変身ヒロイン好きの方はどうぞ!

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★ 
 ★★★★ 
 ★ 
 ★★★ 
 - 
 あり 

 作品名 PENDULUM
 ジャンル 変身ヒロインAVG
 ブランドメーカー KAI
 通常価格 ¥6,995円
 体験版/DL販売 体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
前作「ヴァルプルギス」で起きたフォーヘイロウズにまつわる事件、
「サークルオブドゥーム」。
この一件から4年後。
世界にはまだ真の平和は訪れてはいなかった。
悲鳴、苦痛。
異形の天使サーキュラーズが巻き起こす阿鼻叫喚の地獄絵図。
阻止すべく掃討のため魔力をもつ女性たち『メイガスオーダー』は奮戦を続けていた。
「全てを消してやる……私の目の前から!」

●前作「WALPURGIS-ヴァルプルギス-」
本作は前作「WALPURGIS-ヴァルプルギス-」を
プレイしているとより一層楽しむことのできる抜きゲーです。
とくに差し支えなければ前作WALPURGIS-ヴァルプルギス-をプレイしてからプレイしましょう!

●異種・触手ゲー
萌え×ハードの印象が強いWALPURGIS-ヴァルプルギス-ですが、
本作も負けず劣らず「異種」によるハードな展開が待っています。
WALPURGIS-ヴァルプルギス-ファンの方は待ちに待った一本ではないでしょうか。

PENDULUM1
PENDULUM2
PENDULUM3
PENDULUM4
PENDULUM5
PENDULUM6
PENDULUM7

●王道的変身ヒロイン
変身ヒロインがハードにやられてしまう。
その王道ともいえるジャンルを王道のまま
作り上げた作品ですね。
唯一「萌えヒロインがハードに」という部分が
ポイントになってくるんじゃないかなっとも思えます。
安定感があるといえばある作品ですね。

●ヒロイン紹介
村雨 真琴
第4強襲降下部隊「ライトニングランサーズ」に配属された新人メイガスオーダー。
優れた能力を持っているが、人を信じることができずに孤立している。

城ヶ崎 律子
「ライトニングランサーズ」のリーダー。
沈着冷静で、優秀な指揮官で、隊員から絶大な信頼を得ている。

カタリーナ 九条
北欧系ハーフのパワーファイター型メイガスオーダー。
律子を支える「ライトニングランサーズ」の副隊長。

片桐 水
無口で表情の動かない少女。回復、防御の魔法に優れている。
一見無愛想だが冷たいわけではなく、
実際はリーナについで部隊内では世話焼きのほうである。

有栖川 みりあ
常にテンションの高い部隊のムードメーカー的存在。
幼い頃からコンピューター操作に優れた才能を見せ、
更に魔法も素質にも目覚めメイガスオーダーにスカウトされる。

イングリット=シェンカー
評議会直属の強襲降下部隊「カラミティアロウズ」のリーダー。攻撃的で厳しい性格。
プライドが高くメイガスオーダーである自分に誇りを持ち、
世論の不用説に執拗に反発する。

御剣 晶
勝ち気で攻撃的な性格。イングリットに同調し、かつ心酔している。
男性的欲望の具現のようなサーキュラーズを
殺すことに快楽を覚えており力を振るう場所が欲しいとも考えている。

紅 小星
引っ込み思案で内気な性格。
自分の出身地の街がサーキュラーズに滅ぼされており、
危機が身近にあるのにメイガスオーダー縮小論を唱えることに反対している。

PENDULUM8
PENDULUM9
PENDULUM10
PENDULUM11
PENDULUM12
PENDULUM13
PENDULUM14

●ぶっとんでない
ファンタジー系抜きゲーですから。
ある程度プレイヤーに「驚き」を提供したいところですが、
巷に多くにある「変身ヒロイン抜きゲー」の枠を飛び出さず
変身ヒロインならではのシチュで進行していきます。
新鮮味が感じられないという点はプラスでもありマイナスでもあるかなっと。
抜きゲーを多く(特に変身もの)プレイしていると大体の想像がついてしまうってのが
やはりあるのかもしれません。

●絵タッチ
これは好き好みあると思うんですけど、
前作の続編として作られているので
やはり同じタッチでいてほしかったのが
ユーザーの素直な気持ちではないでしょうか。
そういったマイナス思考な目で見ると
どうしても前作「WALPURGIS-ヴァルプルギス-」のほうがよかったと
思えるかもしれません。

●実用性&まとめ
安定感のあるという言い方で良いのかな。
変身ヒロインのハードシチュは王道的とも
いえるかもしれません。
続編ということで前作プレイしている人が
多くプレイすると思うので
やはり比較してしまうのは致し方ないかと。
実用性面についてはまったくないわけではないんですけど
抜き出るものはないかなーっという印象。
シナリオありきな抜きゲーですがそこも抜きでているとは…。

でも総合的にみれば「変身ヒロインらしさ」は
十分に出せていると思うので
「ハード系変身ヒロイン」が好きな人は
プレイしてみても良いのかなっと思います。

PENDULUM15
PENDULUM16
PENDULUM17
PENDULUM18
PENDULUM19
PENDULUM20
PENDULUM21



貫通触手、出産、ボテ腹とまぁ
ハードな演出があるんでそういった内容が好きならば。
体験版ありなので雰囲気確認されたい方はどうぞ。
何度もいいますが前作「WALPURGIS-ヴァルプルギス-」ありきの
作品ですのでプレイした方がより一層楽しめるかと。
絶対とはいいませんが数年後のお話ですしね。

 作品名 PENDULUM
 ジャンル 変身ヒロインAVG
 ブランドメーカー KAI
 通常価格 ¥6,995円
 体験版/DL販売 体験版・デモムービー・購入はこちらから


関連記事

訪問者カウンター
訪問ありがとうございます★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。