上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~

アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~
しょ~たな主人公君に性教育を!だけどアニャルを使ってちゃ彼一生歪んだ性癖を持ってしまいそう…w

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★ 
 ★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 あり 
 あり 

 作品名 アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~
 ジャンル ADV
 ブランドメーカー アパタイト
 通常価格 ¥1,512円
 体験版/DL販売 体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
義理の母と息子の物語。
学園で性教育を受けた主人公は、義母にセックスについて聞いてみた。
主人公「気持ちいいん?」
義母「気持ちいい…ていうか…」
義母「オナニー、したことある?」
主人公「ふぁ!?」
主人公「な、ないでござる!」
義母「ならば自慰行為を今から教えて進ぜよう」
主人公「ふぇぇ…や、やだよ……。だ、だって……」
義母「だまらっしゃい!余がしてしんぜよう」
主人公「ふぁーーーーーっ!!」

…えと、こんな感じですw

●アニャル好きな方、ショタ好きな方
この作品に反応するであろう層は上記の2名でしょうが、アニャル好きの方には肩すかし、ショタ好き(女性上位)な方はなかなか良いものであった…という内容になるでしょう。タイトルがあな~ると銘打っているのにあな~る愛はそこまで深くない、むしろ義母とショタ君の性教育的なシチュを目的としてプレイするほうがしっかりくると思います。

●尻好きにもいろいろ
せっかくアニャルの作品なので尻について語ろうかな。作品とほぼ関係話なので興味ない人はスルー推奨。お尻フェチな方はきっと「尻フェチ」とか「巨尻」とか「背面騎乗位」とか…まぁそういった単語で調べてるのかな?っというのも僕自身もお尻に魅力を感じる人種なので…ね!ただ調べていくうちにわかったことがある。尻にも初心者、中堅、マスターと三段階あるんだよ…(きっと)

まず尻のムチムチ感、本能をくすぐる形に心を奪われる。そしてそれを思いっきり堪能したいと考える。そこで行き着くのが「背面騎乗位」。尻を見ながら堪能できるわけで…素晴らしい体位であるといえる。そして次に圧迫である。そう、顔面騎乗位…。ここまでくるともう直接味覚でも堪能したいと思ってしまい、そして自分の好きなものに窒息させられている状況がなんともいえなくなってくる。んでそのレベルくらいになると「アニャル」に興味を抱いてくる。生殖行為とはかけ離れた常人からすれば「なぜそこまでこだわる」と思えるほどに穴に夢中になる。そして最終的に行き着く先は「スカ☆トロ」や「おなら」といったもはや尻とは関係ない、「ああ、お薬出しておきますねー」といいたくなるマニアックな分野へと突き進む。

あ、勝手に想像して書いているんで「違う」可能性大いにありますがw駄文失礼しましたー!!!!

アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~1
アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~2
アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~3
アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~4
アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~5

●絵タッチやシナリオなど
一応作品のことも触れておかないと…w絵タッチはアニメ調な塗りといったらいいのかな?個人的には嫌いではないタッチ。シナリオはもうぐっちゃぐちゃに混ぜ込んだ感じの抜きゲー仕様といった感じかな。シチュに関しては「アニャル」で貫き通すというもの。そういう点ではアニャル好きの方も反応するのかしら?とも思えなくないけどせっかく尻穴使うならばそこに「愛」を感じる演出がほしかったな…と。要は「別にアニャルじゃなくてもよくね?」と思ってしまう感があるわけでございます…。



結局言えるのは「人の趣味にケチをつけてはいけない」ってことですね。
理解をする必要はないんだけど、認めるのは必要だね。
至ってノーマルな性癖をお持ちの方もいつかなにかがキッカケで「これ俺スキー」となるかもしれないからね。
作品使って尻について語ってしまったのはご愛嬌。
値段は安い!ボリュームはまぁまぁ。性教育的な指導を女性上位で行うってのが今回のポイントかな。

 作品名 アナル*ママ~後ろの穴は息子専用なの~
 ジャンル ADV
 ブランドメーカー アパタイト
 通常価格 ¥1,512円
 体験版/DL販売 体験版・デモムービー・購入はこちらから


関連記事

訪問者カウンター
訪問ありがとうございます★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。