上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★★ 
 ★ 
 ★★★ 
 - 
 - 

 作品名 狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―
 ジャンル 女体を繋ぎ止める狂乱の館ADV
 ブランドメーカー Softhouse-seal
 通常価格 ¥2,052円
 体験版/DL販売 体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
西暦2100年。地主『矢方 豪三郎』は、裏の稼業である売買にて、門外不出である数々の性的拷問具を手に入れた。誰かに試してみたい…芸術的なその装いを見れば見るほど、その欲求は強くなる。豪三郎は自分の館に‘罠’を仕掛け、女どもを誘いこむことにした。そして罠にはまった女を――当然、犯す。罠にハマり、無理やり犯され、心身ともに弱り切っていく女たち。
「くっくっく……良いぞ良いぞ、次はどんな音を奏でてくれるんだ!」
加虐性愛者である豪三郎の欲望が、ますます膨れ上がる。そしてまた一人、泣き顔をさらしている女がいた。豪三郎は罠にはまった女を眺めに、罠の場所へと向かった。
「クハハッ……たまらんな、この、絶望に満ちた女の顔は!」
そして、いきり立った肉棒を取り出し、女に突き立てるのだった。

●ハードな抜きゲー仕様
Softhouse-sealのお手軽ハード系抜きゲー。お手軽にハードってやられている本人たちにとっては堪ったもんじゃありませんがSofthouse-sealさんだから許してやってください。演出自体は結構凝った演出をしているかなっと思いつつも全体的なボリュームは値段も相まって少し物足りなさを感じたり…。触手×ハードが好きな方はサンプル見てもらえればなんとなく想像できるかなっと思います。

●触手の古き良き文化
触手っていうのは江戸時代からあるジャンルですからね。そして触手に求められるものっていうのは「拘束」と「無慈悲な攻め」です。実は女性側からしてもそういった演出は好きだったりするらしいですよ。自慰行為の際私たち男性はまぁ「オカズ」としていろいろなものが世の中にありますが女性のおかずって何?っとなるとその選択肢の中に「触手」っていうものがあるらしいです。もしかして江戸時代の春画も女性のために描かれたのかもしれませんねw

狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―1
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―2
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―3
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―4
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―5

●絵タッチ
Softhouse-sealさんお得意のきゃわわなヒロインたちです。いつものSofthouse-sealタッチだと思ってもらってOKかなー。好きな人は好きですよね。ちなみに個人的に最強は「萌え×ハード」です。「萌辱」と名付けたい。むしろこの言葉商標登録しときたい。萌え凌辱はクルと思います。キットクルー

●実用性
アニメーションもあるので実用性の底上げはされている模様。ただし全体的なボリュームはそこまで多くない印象。攻略自体も簡単なのでコンプはたやすい。演出自体はノーマルというよりはマニアック趣向で評価できる。ってことで最初に述べたように「お手軽ハード抜きゲー」として見てもらえればいいのかなっと。サンプルきて息子がピリリと反応したらお試しあれw

狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―6
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―7
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―8
狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―9



ちなみに作品と関係ないことなんですけど自慰行為に自分だけのルールを付けると快感がすごいことに気が付きました。一番射精しやすい方法ってあると思うんですけどそれに1つだけ縛りを入れるんです。たとえば「右手仕様不可」とか。で、時間はかかるんですよ縛りを入れることで。ただそのかかった時間分こみ上げてくるものがあります。お手軽に抜きたい時にはおすすめできないんですけどある程度時間に余裕があるときは試してみてください。量が違います←

まったく関係なくてすみませんwww

 作品名 狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―
 ジャンル 女体を繋ぎ止める狂乱の館ADV
 ブランドメーカー Softhouse-seal
 通常価格 ¥2,052円
 体験版/DL販売 体験版・デモムービー・購入はこちらから

関連記事

訪問者カウンター
訪問ありがとうございます★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。