上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月29日、本日児童ポルノ改正案が国会に提出されました。
漫画・ゲーム・アニメ等2次元の作品になぜ3次元の児童ポルノが適応されるのでしょう。
性犯罪を助長するおそれがある。といいますが、犯罪のおそれがある事など世の中に溢れています。
アクション(暴力もの)、昼ドラ(不倫など)、殺人事件簿ドラマ、名探偵コ●ン…。
これらは未成年が見ようと思えば見ることが出来るものです。

ですがポルノコンテンツは大人のものです。18歳未満が見ることは法律で禁止されています。
なぜそこに規制がかかるのでしょう。現実と非現実の違いが分からないような人物がいるとして
その人の思想を理解できずに「とりあえず2次元コンテンツが原因じゃね?」と決め付けているのではないでしょうか。そして2次元コンテンツを愛する人を一括りにしていませんか?

もちろん児童が出演するポルノコンテンツは反対です。
そこに児童という被害者がいるのですから…。
しかし2次元の被害者は誰でしょう。
2次元(架空)のヒロインが被害者ですか?

児童を守りたいという気持ちと今回の改正案は大きくかけ離れた内容だと私は思います。


関連記事
訪問者カウンター
訪問ありがとうございます★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。